スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DA≠ダブルアタック(mabinogi的な意味で)

11月20日にBEMANI恒例の20,Novemberをプレイしようと思ったがどうやら最新作には入っていない模様なので断念。beatmania時代からプレイしている人にとっては思い入れがある曲と同時に恒例行事だったわけだが。かといって19.Novemberは少し違うしなー。
あとこの日は東方美咲祭(ニコニコ動画Pixiv)があった模様でPixvやニコニコ動画にもめーさく作品が上げられていた模様。しまった、出遅れた。とはいえ当日ではアップされてない作品がある可能性があるからいいっちゃいいんだが…微妙に悔しい気がする。そして冬コミでめーさく合同本「東方紅銀夢2」が配布予定で「DOOR」のsakuraさんも参加するようだが…18禁だと…。マジ勘弁。でも注目サークルも参加してんだよなー。迷う。

現在鋼の錬金術師とのタイアップが来ているわけだが、タイトル取得に衣装だけでなく種族や性別も関係するものがある。オレは男メインな訳だが、「狙撃の名手」タイトルは欲しいなーと思える性能。だが今まで男として貫いてきたプライドもあるため、ここで性転換するというのも…。種族支持の件もそうだが今まで貫いてきたものを手放すというのは多分に抵抗があり、仮に手放すと激し後悔しいつまでも引きずるタチなため非常に迷う。まぁ女用衣類が殆どない訳なんだが。仮に性転換したとしても現在着用しているサンドラ一式の服と靴が男限定なため代わりを探す必要がある。一応サブのサンドラ女服があるが靴はさすがにない。それ以前に現在の顔パーツがプレミアムを使ってるから戻すときに無料で出来ないってのがあるからなぁ。
ROの話になってしまうが、支援アコを捨てて火念マジにしたときは激しく後悔し結構引きずってたしなー。で、ウィザードに転職しにも関わらず結局支援プリを作り直す始末。まぁウィズの立ち回りやスキル性能を体感したから全くの無駄というわけではないが。マイグレ実施後に移転前鯖にウィズを作成し楽しめてたし、ギルメンにFWを利用した芋狩り指導とかできてたしなー。
同様にジャイアントの「主婦」も若干迷ったが類似タイトルにストンプマスターがあり、上位互換というわけではないので無くても何とかなる。むしろステータス依存のスキルや最小も欲しい場合はダメージ増加よりもステータス増加の方がいい。とはいえクリティカル-6は痛いがな…。主婦タイトルはストンプマスタータイトル未修得者向けとも言えるか。
一方男性別限定の鋼の錬金術師はサブ・エルフとも錬金術は上げる予定が無いのでスルー予定。それ以前にエドのオートメイル持っていないからなー。

G13はエルフとジャイが終了してこれで全員完了。ジャイはともかくエルフは苦戦するかと思ったが、累積250越えておらず中級という事もあり戦闘面に関しては苦労せず。ただ「革命」だけは何とも…。衛兵が次々わいてくるのだが、これがまた長い。攻撃、防御とも大したことはなくレンジ2回で倒せるのだが、如何せん数が多いため非常にめんどっちぃ。おかげで弓耐久度が4も減少し矢も軽く500本オーバー。
そのエルフだが現在精錬2のミスリル失敗トレの最中。G13終了したためペルソナ「クローディアスの陰謀」効果によりDexが更に30引き下げられるため多少楽になった。使用前は61%だったが使用後は58%まで低下。とはいえ6連続成功とかぼこぼこあるのがマビ確率、うーん…。225回実行中成功が153。68%とどう見ても表示詐欺です、本当にありがとうございました。とはいえ失敗トレは残り8回となったので失敗POTを使うまでもないし、ジャイが鉱物採取トレを実行しているので急がなければ問題はない。急いだところで4キャラも育成めんどっちぃが、MMがDなので戦闘に支障をきたしている問題があるので早急に終わらせて縛り解消したい。
EXPに関しては劇場の時間当たりの効率がすさまじいが基本PTでいかないと逆にマズイ。しかし演劇といってもこれって演劇なのか?という疑問も。ほのぼのファンタジーライフに引き続きmabinogi演劇部と銘打ったわけだが、いつも通り敵をぶちのめすのは相変わらず。それでもスイッチ叩いて箱開けて出てきたMobを倒すよりは、シナリオ通りにMobが出てくるという点では進歩とも言えるが。そもそも演劇部どこ行った?まぁ迷走するのはmabinogiのいつものことだ。

一方以前のエントリでもちらっと上げたがG12S2とG13で新スキルがちらほら増えて戦闘に幅ができてきた。そのため今は色々試している段階で今は特にダウンアタック(以下DA)で試行錯誤中。
以前のエントリでも上げたが、スマッシュ後のデッドリー残りの処理ぐらいかなーと思ったがその後の行動で色々考える余地あり。またHS持ちには近接の常として相性が悪く、アタック使用率が高いMobだと反撃アタックでピンチがマッハでやってくる。
以下は実践ではなく思いつきもあるので注意。失敗しても責任取りませんよ?自分で試した行動に関しては頭に○を付けてるので参考に。

他スキル→DA編
○スマッシュ…定番中の定番。スマで倒しきれなかったりデッドリーで残った相手の始末など。ただしR9以前は距離が若干短いため不発するケースが多い。またサイズが大きい相手の場合は何故か距離が離れすぎという扱いになるため要高ランク。
スマッシュのR5から巻き込みが付与しR1で増加は、標的を倒し巻き込みMobが残っている場合は攻撃ターゲットを即座にそちらに移して仕掛けるという芸当も可能。オプションの「ターゲット変更」で「マウスに合わせる」へ変更必須だが。
特に巻き込んだMobが!!を出した際の一時的な封じ込めとして有用。今までの場合はスマ硬直後はディフェンスやカウンターなど受動的な行動になりがちだったが、DAでノックバックを発生させて体勢を整えたりと能動的な行動が取れるのは大きい。

○影分身…スマ同様の追撃。分身のせいでどれが本体でのDAか分かりづらくなるのが欠点。ソロ向き。

○ウィンドミル…スマッシュと似たような使い方。スキル発動中にも準備が可能なので一種の移動攻撃としても使える。

ブレイズ…追撃だけでなくクールタイム終了までの時間稼ぎとしても利用。ただしアタックの割合が少ないMob限定。オオカミやクモの様にアタック優先AIやHS持ちには不向き。ブレイズ→DA→ウィンドミル後に取りあえずディフェンスをして、発動スキル音が聞こえたら解除後アタックで割り込みブレイズ。ただし相手がミルを使用した場合は話が変わる。すぐさま別行動に移らないとキケンが危ない(いろんな意味で)。

○カウンター…R9以上必須。RA以下では距離が届かないケースが多い。魔法カウンター時のダメ底上げや、マナ消費の大きいLBのマナ消費軽減などにも微妙にだが有効。

○ジャイアントフルスイング…これもスマ同様追撃だが、吹き飛ばし距離が思った以上に大きいため高ランク推奨。

DA→スキル
○ウィンドミル…壁付近限定となるが一種のコンボ。スマッシュ→ダウンアタック→ミル。ダウンアタックで倒しきれなかった相手をミルで追撃というのが一番多いパターン。倒しきれなかった場合は後退しつつディフェンスが一番確実か。
ただしスタミナ消耗が結構激しい為スタミナポーションがぶ飲みになりがち。またミルのライフ減少もあるためPOTに頼り切りになると中毒化しやすくなるので注意。その上サーバに影響されるのかそれとも昔からある座標軸バグなのかDAやミル後に垂直跳びするケースがある。バオル潜入時にこいつにさんざん苦しめられて何度ガードガーゴイルの餌食にやった事やら…。
実際には試しておらずジャイ限定になるがミル後クリーヴァーだとスマッシュは間に合う…?

○ディフェンス…HS無し限定。ウィンドミルとは違い防御に比重を置いた安全牌を取ったケース。HS無しの場合において相手の攻撃力が高くない限りは被害を最小限に抑えられる。ただしアタック主体AIの場合はその後IBカウンターやディフェンスアタックになりがち。
演劇のクモはミルを優先的に使うAIなので、体が光ってスキル発動音が聞こえたらディフェンスで付近をうろつきミルを誘発し、そこにアタックを仕掛けるという方法を取る。タラ影の硫黄クモも雪クモほどではないがミルを使う傾向があるので一応流用はできる。ただハードのミルは防御20程度で30~50ぐらい食らうので要ライフ確認。

○ボルト魔法…体制立て直し用。どちらかというと魔法カウンター時の移動用時間稼ぎ向き。立ち位置が悪く余分なMobのタゲを引く事を抑えることになるが、そもそも突っ込んだ時点で1対1以外は効果は薄い。まぁやらないよりはマシだが。
該当するケースはラットマン、各種スケルトン(下級以下)など。ちょっかいを仕掛けてくるガーゴイルなどはこれを利用して危険度を減少させた方がいい。
逆のケースは状況によりけり。キア下のラゴややルンダ下のサハギンみたいに複数巻き込み凍結を狙えるケースは、ミルで無理矢理巻き込んだ方が却って安全なケースも。

○ジャイアントフルスイング…発動タイミングは相手に行動によって切り替える必須。起き上がり動作がゆっくりならMAX狙いでいいが、即アタックやスマッシュを仕掛けてきた場合は即座に発動する必要有り。

ペット利用
AI組み込み強く推奨。一応手動も出来なくはないが激しく忙しい。また休憩、呼び寄せ、召還解除をショートカットに組み込むと尚良い。
IBストップスマ…従来のスマ支援AIの応用。AI「○○まで近づいたらIB→カウンター→ノックバックしたらIB詠唱→エンドレス」
従来と違う点はDAでの距離が離れるというデメリットを逆に利用しペットのIB調整に幅を持たせ以前よりも安定性が増すこと。ただしMobが複数いる場合は当然ペットもタゲられるためペットの待機位置の調整が必要。

とりあえずざっと上げただけでもこれだけある。影分身とか取り上げたかったが長くなったためまた別の機会で。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

セアル

Author:セアル
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
世界樹の迷宮IV
sq4_pt.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。