FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅楼夢8参加レポート

前回に引き続き即売会参加レポートで今回は東方紅楼夢8。今回で3回目になる一般参加。規模の割に結構ゆったりと回れる上に自宅から比較的近いので即売会でも好きな部類に入る(といっても現状コミケと例大祭と紅楼夢しか参加してないが)。
23:00
毎回即売会前には早めに就寝するのだが相変わらず寝付けず。一体何なんだコレは。結局寝付けたのはC82同様01:50頃。

05:25
起床。寝起きは割と悪くない。今回は運転する必要があるので眠いままでは死活問題だが、これなら大丈夫。
前日に準備は完了しているので朝食を取り出発。

06:15
出発。今回も東名阪→名阪国道→西名阪の経路。この時間は東名阪でおっそいトラックが追い越し車線を長時間ふさぐ以外は交通量が多くないため順調。

7:20
高峯SAから奈良方面を望む
高峯サービスエリア到着。いわゆるΩカーブと呼ばれる名阪国道でも難所の手前にある。眺めはいいのだが…加速車線が100m程度しかないため本線合流に余裕がなく、急加速と即時的な判断が必要になる(最もこの加速車線が短いのは何もこのSAに限った事ではなく、多数のインターチェンジが今もこんな状態である名阪国道を管理している北勢国道事務所及び奈良国道事務所は現在加速車線整備を実施中)。
高峯SAから名阪酷道本線
これでも以前に比べ改善された方だが、昔はなんとT字路となっていたため、無理ゲー的な箇所でもあった。
(上写真のブロック部分で閉鎖されているところが昔の流出入口だった)
次いで言うと上り線はその立地条件から廃止されている。下り以上の加速力が必要になるからそらそうだろ。

西名阪に入った後も流れは順調。だが、ナビは松原JCTに近づくと相変わらず阪神高速走れとうるさい。
今回も近畿自動車道の長原ICで降りる。前回より約30分早いためか、走行車両が全くいなかったため余裕を持って路線変更。そのまま479号線を走るが…平気で突然路駐とか始めるから怖い怖い。

南港南に来るとそれらしいと思われる車がちらほら。南港北までくると痛車とかもあったり。前を走るトラックが星熊勇儀の痛トラックだった。…もっとも2tだったけど。
まぁ勇儀ならトラックの方が似合うだろう、うん。これで演歌でも流れていれば完璧。

08:35
インテックス大阪屋上
前回より約30分早く到着。思ったより駐車場の空きがあったため屋上出入り口に割と近めの所に止めることができた。周りを見るとのサークル参加者と思われる人をちらほらと見かける。その他フェアレディZやランエボとかスポーツタイプの車をちらほら見かけ、定番の痛車もそこそこ。
インテックス大阪屋上駐車場から4号館方面を望む
今回は「ペット博2012」と「みどり会ファミリーセール」があるためかんなりカオスになりそうな予感。特にペット博は6号館Aと即売会会場の近くなためいらぬトラブルが発生しなければいいのだが…。

エレベータで5階から1階へ降り、最後尾を探すが…間違えて6号館A前に行っちまった。おかしいなと思い反対側へ行くとようやく思い出したのか、やっと最後尾の位置を見つける。

08:45
最後尾到着。今回の待機列は外の広場以外に5号館内を利用。5号館待機列は入場扱いとなり、トイレへ行くなど出入りにはカタログが必要。
これは恐らく会場後の入場時カタログ掲示チェックの煩雑さの回避と混雑の緩和が狙いか。割といい考えだと思うのだが…トイレに行くときにいちいちカタログを持ち歩く必要があるのが面倒。
スタッフの注意事項説明はコミケほどではないが多少ぶっ飛んだ内容もあった。笑いが起きるなど割とアットホームな感じ。

待機中はYs SEVENをプレイ。その他3DSのすれちがい通信もチェックするが、早くも世界樹4が7件、ソウルハッカーズが3件入る。世界樹4はともかくソウルハッカーズは購入後一度もできていないため、できるだけ件数を稼ぎたいところ。
途中でシャッターがいきなり開くが、いきなりガガガという音が聞こえてくる。どうも道路を挟んだ向こう側で解体工事をやっている模様。

10:30
紅楼夢開始。と、同時に拍手もわき起こる。紅楼夢はコミケや例大祭と違い開始後割と早い段階で移動開始をするのでPSPと3DSを鞄へしまう。でないと落としてしまうからなー。
とはいえすれちがい通信は適時チェックしないと上限が10件であるためすぐ埋まるのが困りもの。

10:37
移動開始。5号館を外に出てそのまま北出口へ出て、そのまま4号館へ誘導される。前回と同じぐらいの時間か。
となると、30分程度早く着いたところで大差はないか。逆に言えばそれだけゆとりがあるとも言えるが。

10:40
巡回開始。一番チェックサークルが多い4号館に最初にこれたのは都合が良い。割と並んでいる壁サークルを見かけるがスルーして目的のサークルへ。
まず向かったのが「蒼空市場」と「Strange Chameleon」。今回は合同誌であるため合体サークル。並んでいる人数は少ないのだが進むがかなり遅い。新刊の「GREATE ESCAPE」価格が700円という中途半端な金額で釣り銭が発生しやすいのが原因か。
思った以上に時間を食ったが、限定コピー本とかでもない限りは急ぐ必要が無いのでこのまま壁サークル巡りへ。
「鳩血」へ行って新刊の「未来日誌」をげっつ。今回折り本であり再版される可能性が薄いので是非にでも入手しておきたかった。これ逃すと総集編まで入手する機会ないだろうしねぇ。
「GP-KIDS」で「Rondo side-A:Crisis」を入手。毎回れいさなだったが、今回は空のシリアス本。以前コピー本で出してからそれの続編かね。
続いて「粟米湯」。前回の新刊折り本は3人前で売り切れという憂い目に遭ったが今回は総集編の「すべては恋の仕業で! 3」を入手。総集編ではあるが書き下ろしがあるしねぇ。
そしてすぐ側の「菊正宗」で「東方女学院物」を入手。タッグトーナメントについて聞いてみたが冬コミには出せるそうで安心。最近でてなかったし。
4号館壁はこれで終わったため、続いて島サークルへ。当然真っ先に美鈴エリアへ直行。
「アンコール62℃」へ向かうが今回新刊は落としてました。Pixivでチェックしてたはずだが、よく見てなかったので勘違いしてました。申し訳ねぇ…。
「劉Style」で「恋文」、「でぃれいどすちーる」で「とぅはーと 3」、「DOOR&FAJET」で「Four Season's Kiss」、「猫工房」で「もんばんさん宇宙へ」、「ババソイヤー」で「べにのうつくし・七」をそれぞれ入手。
しかし紅楼夢はコミケや例大祭と違って移動がすごく楽だわ。サークル巡りもゆったりとできるしホント良い感じですわ。

続いて6号館Bへ。まずは「すおーずこーひー」へ向かうが中々見つからない。チェックツールで印刷したマップの見方が悪かったらしく、どうも順列を逆にみていたようだ。
改めて見直してまずは近くにあった「せっしょん」へ向かうが…なんか並んでいる?偽壁でもなく島の中であるため、列の並び方にやや問題があり、通行の妨げになっていた。オレが並んだときは1人分あけて通れるようにしていたが…スタッフの派遣が間に合ってなかったのかね?5分以上と思ったより時間がかかったものの合同誌「東方合同誌笑笑」を入手。
続いて「すおーずこーひー」へ向かい「えくすとらな3人むすめ」を入手。冬コミも申し込みしているようで楽しみだ。
「またぽぬるまゆ支部」へも行ったが新刊らしき物が見当たらず、しかもポップがないため遠目にどういった物を扱っているのかが全く不明。

11:15
チェックサークル巡回完了…って早!?コミケとかでも1時間かかるのに30分程度で終了とは。いあまぁコミケほどチェックサークルがあるわけじゃないがそれでも順調すぎた

折角即売会に参加しているのだし、色々なサークル巡りを開始。
アリスエリアへ行ったが…相変わらずマリアリだらけでちょっと見る気が…。ぱっと見8割方だったような気がする。偏見かも知れないけど大抵マリアリってアリスがツンデレパターンが多いからどうにも見る気がしねぇ。
星蓮船エリアにも行くが一輪さんが少ねぇ…。口授発売から半年近くたったわけだがまだ消化まで時間かかりそうだなこりゃ。

続いてソフトウェア島へ。コココソフトへ行くが…どうも新作は体験版も間に合わなかった模様。楽しみにしていただけにちょっと残念。

もう一度めーりん系サークル巡り。「銀のさいころ」と「Border Rim」と「萩野屋」と「prest」で新刊と既刊何冊を同時に入手。

続いて5号館へ向かう。こっちは主にグッズ系及び企業ブースエリア。グッズは相変わらず多彩で、中にはガシャポン機を持ち込んでいたサークルも。その他電飾とか、大きめのラックでディスプレイしていたりとここだけ別世界。
そしてその足で企業ブースへ。グッズが大半だったが、フィギア展示をしているところがあったので見て回る事に。撮影自由ということでいくつかバシバシ撮影して回る。ただしスマフォでの撮影の為露出設定が簡単にいじれないためデフォのまま撮影。
やはりというか人気キャラばかりで、霊夢、レミリア、アリス、咲夜、早苗など人気キャラ上位陣ばかり。人気母数が多ければそれだけ売れるから仕方ないことではあるけど、一輪さんとかヤマメ出しても良いのよ?
(※冬コミでまさかの一輪さん自機化。この当時はそんな事一切考えてなかった。まぁ元々好きなキャラではあったが)

以下撮影したフィギア。スマフォでの撮影なのであまりいい写り具合でなかったが、Photoshop Elements 11を購入して修正。フォトショの力ってすげー!
紅美鈴 十六夜咲夜フィギア
紅美鈴は昨年の紅楼夢でも見かけたフィギア。見栄えはいいのだが相変わらず結構倒れやすそうで怖い。
パチュリー・ノーレッジ 洩矢諏訪子フィギア
なんでこの組み合わせで展示していたのか不明。しかしこのぱっちぇさん、ちょっとロリっぽい気がするのだが気のせいだろうか。
東風谷早苗フィギア
早苗さんの展示エリアだけ何故かかなり広々と確保されていた。どうせなら諏訪子と一緒にしとけばよかったのに。しかしこの早苗さんフィギアもめーりん同様倒れそうで怖い。最も買うことはないが。
河城にとり チルノフィギア
これまた謎な組み合わせのにとりとチルノ。バックのイラストは元絵っぽい?絵柄を見ると「Rainbow Vanilla」っぽいが…。
八雲紫 エクストラカラーフィギア
八雲紫の黄昏作品でのアナザーカラー(商品名はエクストラカラーと表記)。ちょっとあごが細すぎ名上にとがりすぎなんじゃないだろうか。あと胸がやたら大きい…というかデカすぎる。それと扇子の持ち方はもう少し何とかならなかったのか。
八雲紫 香霖堂Verフィギア
こちらは東方香霖堂で登場したときのバージョン。それにしてもこの紫、ロリロリである。このバージョンのフィギア化は結構希望があったらしく、東方幻想板の八雲紫スレでも商品化決定時にはかなりの歓喜の声が上がっていた。このロリコンどもめ!
アリス・マーガトロイド エクストラカラーフィギア
紫同様黄昏作品でのアナザーカラー(商品名はエクストラカラー)。上海人形もあるため設置スペースは一番デカかった。しかしめーりん、早苗さん以上にバランス確保が難しそうな立ち方だ。

一通り撮影が終わったところでまだ12時前。ここで前から気になっていた音楽系サークルへ向かう事に。
前々から興味はあったのだが、コミケ・例大祭では人が多く、帰りの便を考えるとゆっくりと試聴することもできず諦めていたが、今回は時間の余裕が有り帰りも車(とはいえ東名阪の渋滞も考慮する必要があるが)であるためある程度ゆっくりできる。
全体的に多いのが色んなジャンルを扱ったごった煮とロック系。まぁロックアレンジに関しては二次音楽では割と定番だし、アレンジャーも好きな人が多いだろしねぇ。

いくつか聞いて回っていたのだが、どこもアレンジのレベルが半端ない。昔のMIDI音源を使った感じではなく、DAWできっちり作成されたと思われるものが多い。そしてプレスCDも多い。CD-Rで出しているとこがあんまり無かったのはびっくりした。
軽く調べてみたら、とある印刷所でジュエルケース+2Pジャケットの100枚で66,500。思ったより安い。とはいえ初参加で同人誌の24Pで約3万ならともかくいきなりプレスCDというのは敷居が高い。釣り銭用意も考えると約10万ぐらいか。

今回試聴した中でこれはと思って買ったもの

街角麻婆豆
室内作品総集編
地獄の音楽練習帳 -歌いながら、弾きながら-
一言で言うなら栗コーダーカルテットぽい何か。個人的な見解としては高校の部活などの吹奏楽ぽい?
曲数は多いのだが、どうも頭に残らない。なんでだろうか?

音召缶
Gensou Raving!
ノリは悪くないのだが、ハッピーハードコアに東方の主メロディを流しただけっぽくも聞こえる。
どっちもが強すぎが為に喧嘩しあってるような感じなのが原因かね。ちょっともったいない。

狐の工作堂
世界樹ノ記憶
東方幻想界 円舞曲の音
大空扇戦
東方幻想界 花映塚の音
上から世界樹の迷宮III、ワルツアレンジ、文花帖中心架空戦記、花映塚。
全部がオーケストラ風アレンジとなっており、そのアレンジも半端なく上手い…のだが曲の展開の落差が激しすぎたり急だったりする感じがあるのがちょっと違和感。ただ円舞曲の音は全体的に安心して聞ける。

ごんばこんなか
秘封サウンドスケープ集 I
今回の大当たり。アンビエントアレンジなのだが、原曲のメロディを残しつつもアレンジのレベルが半端なく高い。読書や雨の日のドライブとかに合いそうな感じ。

しかし試聴していると一気に時間が経過する。これが東京での即売会だと帰りの新幹線の心配しつつなんだろうなと考えたり。
試聴する方法だが一番多かったのがiPod、次いでスマフォ。意外にもCDプレイヤーは1カ所だけだった。スペースの問題もあるんだろうが、一番の理由は収録できる曲数か。いくつも作品を作成しているサークルだと、その都度ディスクチェンジなどの手間があるだろうし、行き帰りに普通に使えるというのもあるか。

そしていい加減脚が疲れてきたので一休みと思ったらなんと1時20分前。10ぐらい回った程度なのにこれほど過ぎるとは…恐ろしや。ついでだし昼食を採ろうと思ったのだが前回よりも人が多い。仕方ないので帰りの途中で食べる事に。
そして駐車場へ向かうのだが…犬を連れた人が多い。というのもこの日の同日イベントで「Pet博2012」が6号館Aゾーンで、「第1回大阪 みどり会ファミリーセール」が6号館C・Dゾーンで開催。
Pet博に関しては親子連れが多いから紙袋とか大丈夫なんだろうかという心配もあったのだが、やや離れているためそこまでは問題になりそうにない。
ただこのペット博に来た人たち、犬を連れてきている人がいるのだがリールがやったら長い。しかも犬がオレの所に寄ってきても注意所か放置。進行方向の前に遮るように寄ってきたため飼い主に睨んだが我関せず。
更にヒドいのになるとリールを解放し野放し。当然おとなしくしているわけ無くそこら辺の人んところにいったり、通行の邪魔になったり、飲食エリアでもおとなしくさせるどころかそこら辺を歩き回っていたり。
…これって紅楼夢参加者よりこいつらの方がよっぽど問題だよな。そんな事を思ったり。

1時半過ぎに車に到着。一息ついたところで出発。
帰路のナビをセットしたら相変わらず阪神高速道路を経由したルートを表示したので試しにこの通りに行く事に…したのだがこれまた案内が悪い。
右折ポイントの案内も分かりづらく結局通過してしまい次の交差点にセブンイレブンがあったため、そこに入ろうとしたが…がりっとかんなりでかい音が。調べてみるとフロント下部が縁石にぶつかってしまいフロントバンパーも擦る始末。ナビの通りにした結果がこれだよ!

ナビの経路としてまず指し示したのがは大阪港北部にある大阪港咲州トンネル。料金徴収がETCでもなく対人でもなく自動支払機。しかもこの機械にお金を賽銭のように投げ入れるという感じ。でだ、前のドライバーが投入に失敗して降りて探す始末。バックしようにも既に後続車がいるためおとなしく待つしか無く、2分もかかっちまったよ…。

そして大阪港咲州トンネルを通過し国道172号線へ。阪神高速へ乗るはずなのだが、ナビが朝潮橋交差点を直進へ誘導。後で気がついたのだがここを左折しておけばもう少し楽に阪神高速に乗れた。やっぱパイオニアのナビつかえねぇ…。
そして市岡元町3交差点で左折後、約250m後の地下鉄中央線弁天町交差点で右折…なんだがこの右折ポイント2つあるためどっちいっていいのかナビを確認しないと分からないんだが、「この交差点を右折です」としか言いやがらねぇからわかんねーよ。てゆーかナビで目視確認前提ってナビとしてどうなんだそれ。
結局どっちか分からないため一旦直進してぐるっと一週して改めて予定進路への中央大通へ進行。

そしてまたこのナビがバカをしでかす。中央通りは3車線なのだが九条2交差点の時点で路線案内で真ん中を表示。ところが本田3交差点で右折車線に入らないといけないのだがこれが直前になって表示。バッキャッロー!
後続車がなかったから入れてたものの、そうでなかったら逃すところだった。だったら最初から最右車線に案内しとけっつーの。
そしてようやく本田から阪神高速16号線に…なのだがまさかの右側からの進入。自動車専用道路や高速、名古屋高速なんかは原則左側からの進入なのでこれには焦った。地元の人、よくすんなり入れるもんだ。ところが西船場JCT超えた当たりから程なくして渋滞。立て続けにJCTがあるから混雑するのか…。
渋滞抜けるのに10分ぐらいかかり、ようやく東大阪JCTで近畿自動車道へ。そこからは順調に進む。門真JCTで第二京阪道路へ。阪神高速と違い走行車両が殆どいない。
久御山JCTで京滋バイパスへ。しかし京滋バイパス、今までの路線よりも若干狭いような気がするのだが。名神高速のバイパス路線の割にはやはり車両が少ない。SA・PAが無い上にJCT部分の合流が無理矢理接続した箇所であるためカーブがキツいからなぁ。とてもじゃないが代替路線と言い切れないんじゃないかこれ?どちらかっつーと補助路線?
それはともかく瀬戸東JCTへ、下り坂でしかもRがキツいカーブ。合流の加速路線があるため東海環状道から東名高速へ侵入する豊田JCTよりはマシだが。あそこは東海環状側から2車線で降りてきて程なくして1車線減少だからなぁ。
ここからは2年前に滋賀に赴任したときに利用していた路線なので問題なく草津JCTで新名神へ。
流石に小腹が空いてきたので、東名阪の渋滞状況の確認もかねて甲南PAへ。このとき15:30頃。そりゃ腹も減るわ。
ここで忍者ラーメンを食べたのだが…どのあたりが忍者なのかさっぱり。せいぜい黒いところ?
そして渋滞状況ははやりというか亀山JCTから3kmの渋滞。この程度なら亀山PAのスマートETC使って一般道使いまでもないか。って土山SAで確認の方がよかったかね。あっちはレストランもあったし。
東名阪は多少渋滞があった者の無事通過。そして16:35頃に自宅到着。

結論:名阪国道走った方が安いし早い。pioneerのナビ使えねー二度と買うか。

なんだか途中からナビ酷評会になったでござる。
紅楼夢は東方の即売会の中でも大規模に分類されるが、コミケや例大祭ほど混雑するわけではないので、島サークルや音楽系サークルをじっくり回れるのが楽しい。またグッズや企業系も結構あるのでそういったものが好きな人にもいいんじゃないだろうか。

以下入手したブツ
紅楼夢8 戦利品その1
蒼空市場&Strange Chamerelon / GREATE ESCAPE」「GP-KIDS / Rondo side-A:Crisis」「鳩血 / 未来日誌」
菊正宗 / 東方女学園物」「DOORS&FAJET / Four Season's Kiss」「猫工房 / もんばんさん宇宙へ」
紅色回転機構 / ヾミ つ●ω●cミ」「劉Style / 恋文」「でぃれいとすちーる / とぅはーと3」
もんばんさんうちゅうへはコピー本。そして紅色回転機構は読み方が分からん。未来日誌は今回微妙にR18になる気がするんだが…まぁいいか。

紅楼夢8 戦利品その2
へ蝶々」 / 十六夜カプリチョーソ」「銀のさいころ / 美鈴と咲夜さんのコピー本」「銀のさいころ / めーふらとらんす!」
「銀のさいころ / めーりんにくびったけ」「Rainbow Vanilla / 驚愕のエクトプラズムダブルアクション」「ビビットグレー / SANA×AYA ~ミラクル☆フラッシュ~
すおーずこーひー / えくすとらな3人むすめ」「せっしょん / 東方合同誌笑笑」「ババソイヤー / べにのうすくし・七」
右真ん中上から中段左までは島巡り中に見つけたサークルのもの。めーりんの胸がデカいが健全本です。

紅楼夢8 戦利品その3
Border Rim / グルメウォーズ 美×咲」「Border Rim / いってきますのアイサツは」「萩野屋 / おさゆく学習図鑑(無料配布)」
「荻野屋 / 紅魔の館で龍は眠る」「prest GIRL's VACATION!!」「刑部堂 / 東方汎用獣
SIOTOMATO / れみポンチョ」「刑部堂 / 気づかい無用!!プレビュー版」「prest / 風華風葬 ~再録集・上~」「粟米湯 / すべては恋の仕業です 3」
おさゆく学習帳は見た目通りノートです。外観は気にするな。表紙の謎の物体は詳しくはおさとうゆっくりでググるべし。気づかい無用はプレビュー版ながら28Pのボリューム。完成版が楽しみだ。

紅楼夢8 戦利品その4
ねこ屋敷 / Love Storys」「ねこ屋敷 / ででーん」「ごんばこんなか 秘封サウンドスケープ集 I」
狐の工作堂 / 世界樹ノ記憶」「狐の工作堂 / 東方幻想界 円舞曲の音」「狐の工作堂 / 大空扇戦」「狐の工作堂 / 東方幻想界 花映塚の音」
街角麻婆豆 / 街角麻婆豆 室内作品総集編」「街角麻婆豆 / おまけクリアファイル」「音召缶 / Gensou Raving!」
「街角麻婆豆 / 地獄の音楽練習帳 -歌いながら、弾きながら-」
街角麻婆豆のおまけクリアファイルはサークル主催者が誰得と言っている望遠レンズ一覧表付。カメラは全く無縁なので正直使い所に迷う…。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

セアル

Author:セアル
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
世界樹の迷宮IV
sq4_pt.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。