FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらずのソフトバンク

携帯電話番号を持ち越したまま契約会社を変更できる「番号持ち運び制度」が今月24日から始まった。それ併せてソフトバンクモバイル(以下SBM)が月額9,600円の基本料を払えば、同社の端末同士なら通話とメールが原則無料となるプランを打ち出した。更に今月26日から翌年1月15日までのキャンペーン中に契約すれば、基本料は2,880円になる。
ただこの契約よくよく調べてみると大きな落とし穴がいくつも備えていることが判明。

まずは無料通話関連の多くの制限。実はこの無料通話時間というのが決められており、21時から0時の間は無料通話適用外となる。無料通話200分は付随しているものの1ヶ月に1日6分程度で超えてしまう。更に無料通話がないため一般電話及びSBM以外の携帯電話・PHSへの通話及びメールには使用した分料金がかかるというシステム。ビジネスで利用するというのならお得にはなるだろうが、そもそも旧ボーダフォン時代でもシェアがお世辞にも高いとは言えないため実は自分だけ、もしくは数人としか特典を生かし切れないという事態も多いはず。また一般顧客相手に21時から0時まで無料通話が適用されないというのも不便さを感じる。更に他社携帯電話などへは従来と比較すると最大25%割り増しという結果にも。

次にスーパーボーナスの自動適用。「パケットし放題」「スーパー安心パック」(故障などの保証サービス)「スーパー便利パック」(留守番電話などのサービスパック)の3種が当てはまるのだが加入は任意としておきながら自動適用される点がなんとも…。一応無料期間はあるものの放っておくと基本料金が約5千円に跳ね上がる。

そもそも今回の番号持ち運び制度だがそれほど利用する人が多いとは見受けられないようにも感じられる。24日にたまたまラジオでアンケートを採っていたのだが利用する割合実に7%という状況。

代表取締役の孫氏は大々的に無料をアピールしているがそもそもPHSのウィルコムが先鞭を付っており今更という感じもする。更に抜け穴を多数仕込んでおりそれも注釈すらない有様。その上マスコミも無料をアピールするだけで比較はなし。実は今回のこの件、裏があると思って色々調べた結果比較しているニュースサイトがあったので案の定といったわけ。まぁ…相変わらずといったところか。

参考記事
ケータイWatch
ソフトバンクの「予想外割」は本当に安いのか
デジタルARENA
ソフトバンク新料金プランは本当におトク? 3キャリアの料金を徹底検証!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

セアル

Author:セアル
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
世界樹の迷宮IV
sq4_pt.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。