FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のゲーム近況 その2

今月頭に引っ越ししたせいで、前準備や引っ越し後の後片付けやらで結局後編がここまで遅くなってしまった…。しかもインターネット回線契約変更でNTT西日本の説明が二転三転するわ、調査へ来ると約束しておきながら結局来ないわ、そのせいで遅々として進まない処理を問い詰めたら企業都合ばかり優先するわでやっぱ殿様経営体質は全然改善されてねーなと。コミファ光にしときゃよかったかねぇ…。

東方非想天則
ようやく少しはまともに戦えるようになってきた…かとおもえば未だにVEでフルボッコの憂い目に。特に12月25日に翌日の身内での大会に備えて実戦の経験を積もうとして対戦掲示板にいった所…とあるプレイヤーから1勝もできずフルボッコに。こちらの攻撃をことごとく防がれ、競り勝ったと思ったシーンも全部負けてたり、相手の隙や確反を突いて絶対入っただろという攻撃がどういう訳か全部防がれてまるでチートを使われたような気分。そのせいか当日の対戦でももがき苦しんだまま大会へ。一応目標であった最下位脱出はできたものの参加者が5人でそのうち1人が2ヶ月のブランクだからできてもおかしくない状況ではあったんだがなぁ…
しかし周りにアドバイスをしてくれる人や対戦をしてくれるマビノギのギルメンがいるのはありがたいなと。でなけりゃとっくの昔にメディアもたたき割る勢いだし。

マビノギ
先の天則のせいで実はあんまりプレイしていなかったり。天則プレイ前はなんでこないんだー?って思っていたが逆の立場になろうとは…。
一応メインは錬金術とブレイズへ、サブは魔法+鍛冶へ方針を定め、ジャイとエルフは気ままという感じで昔ほどがつがつしたプレイをする気になれないってのもあるけど。
しかしブレイズの距離感は難しいね。Mob鯖の影響によるずれがあるものの、思った方向へ吹き飛ばしができないため巻き込み数が少なかったり、場合によっては明後日の方向へとばし何やってんだという状況にも。一応殴る度に移動して位置修正をすれば出来なくはないがPT時では中々そうもいかず。…まぁIS無双してくれる人がいるのでサボり楽させてもらってはいるが。

1月23日に東方非想天則のバージョンが1.10にアップ。美鈴はというと以下の通り(美鈴wikiのパッチ変更点より転載)

打撃
・AAAの横方向への判定が広くなった
・2Aの下方向への判定が若干広くなった
・6Aの横方向への判定が若干広くなった(持続の後半部分のみで、滑るのとは別で強化)
・JAの横方向への吹き飛びが控えめになった
・J6Aの上方向への吹き飛びが控えめになった
・J8A1の上方向への吹き飛びがかなり控えめになった
特に大きいのがJ8A。暴発すると射撃とかでキャンセルさせないとえらくスキが大きいため苦労したが、この修正で暴発時のスキ減少の他一部コンボがJ2Aからこちらに切り替えることにより完走が安定するように。

射撃
・5B、溜5Bの判定がかなり広くなった
・5Bのヒット硬直が伸び、5B空中ヒットから5Cに繋がるようになった
同じ近接系の妖夢の射撃は下方修正され、近接系は殴り重視しろという修正かと思いきやまさかの上方修正。コレにより追撃や牽制性能が大幅アップ。またヒット硬直増加もコンボ完走率上昇や見てからの判断がやりやすくなったので大助かり。

必殺技・スキル
・C芳波は別技なので割合
・地上B彩雨の発生が21Fから19Fに高速化、地上C 彩雨の発生が28Fから30Fに鈍化
・空中B彩雨の発生が21Fから18Fに高速化、空中C 彩雨の発生が28Fから32Fに鈍化
・C紅砲の横方向、上方向への吹き飛びが控えめになった
・B虎勁の全体Fが54Fから34Fに高速化
・B烈虹拳の発生が14Fから10F、C烈虹拳の発生が21Fから16Fに高速化
・烈虹拳の最後の打撃が美鈴の体全体になるぐらい広くなった(発 生直後の判定のみ)
・B黄震脚の発生が15Fから16F、C黄震脚は24F から30Fに鈍化
・B黄震脚の全体Fが48Fから50F、C黄震脚は 50Fから55Fに鈍化(総合するとCをガードさせたときの有利Fが1F伸びた?)

・芳波
発動が早くなるかと思いきやまさかの下方修正。C版に関しては誰得修正決定。黄昏を小一時間問い詰めたい。暴発しようものならどうぞフルコンたたき込んで下さいと言わんばかりのばかデカいスキ。普通に使おうにも使い方が見いだせない以前の虎勁以上に使えないスキル。そのため水刑太極拳なり彩雨に書き換え必須。

・紅砲
LvMAX時の無敵時間消失とC版の発生鈍化はかなりの痛手。無敵時間消失は他キャラでもあるのだが、対空の要であったためこれは痛い。またC版の発生鈍化はコンボに組み込むと相当シビア。そのためAAAA〆は黄震脚にしたいところだが…

・螺光歩
終了硬直時間が長くなったため、今までは先端当てでも不利にはならなかったが今では確反喰らう自体に。そのため使い処が非常に難しくなった。

・黄震脚
発生鈍化。一応ガード時に1F有利になったかと思われるが誤差の範囲。更にLv0時にダウンさせると復帰までの時間が早くなった上、誤ガード時の霊力削れが2から1へ減少と踏んだり蹴ったり。そのため今までみたいに見てから入力ではコンボにならないので注意だが、打撃属性になってるためグレイズされてもダウンさせられるのはデカい。叩き付けるもんだからその後の立ち回りの自由時間が今までより減少。

基本スキルは全体的に弱体化だがC版紅砲は追撃可なのがせめてもの救いか。一方変更スキル系はおおむね上方修正。

・水刑太極拳
異様なほどのホーミング性能でぐにゃっと曲がるのには思わず笑ってしまった。肝心のゆゆのCは吸い込めないと思いきや魔理沙の6Cが吸えたりと相変わらず判定が謎。

・彩雨
以前より範囲が狭くなった感じがするので総ダメージが若干アップしたとも言える。ただしC版は発生が遅くなってるので状況を考えないとヤヴァい。

・烈虹拳
最後が密着時にも当たるようになったのは大きい。以前は密着時に発動させてしまうと一方的にやられることが多かっただけに暴発しても意外と引っかかってくれる…が相変わらず対空としては使い無いのは仕方ないか。
Photo

・降華蹴
発生が早くなったことで地上・空中問わずコンボ性能アップ。台風時で相手が何も知らずに殴り合いを仕掛けてきてもこれで3kおいしいです。

スペルカード
・烈虹真拳の単発威力低下、横方向、上方向への吹き飛びがかなり控えめになった(連続Hitしやすくなったので単純に使いやすく)
・虹色太極拳の全体Fが141Fから111Fに高速化
・猛虎内勁の全体Fが82Fから62Fに高速化及び被ダメージでの効果消失撤廃
今回の修正で一番熱いのは以前は見向きもされず天則一死にスペカと言われていた猛虎内勁。

・猛虎内勁
発動高速化及びダメージでの効果消失だけでなくコンボの1発目のダメージが2.6倍に修正されるというある意味最強スペカ。単純に制御棒4枚、紅砲LvMAXでもライフMAXから7割削るというステキ仕様(実際には根性値があるから単純にはいかないが)。紅寸剄を利用したダイアモンド殺法が決まれば勝利確定。ただし以前同様当てられなければ意味がない。
Img001 制御棒4枚、紅砲4枚使用時のC紅砲

Photo_3 一応実戦可能(ただし天候限定)な制御棒4枚の大鵬拳

Img002 Practiceで試しにやってみた実戦じゃ不可能な制御棒4枚の大鵬墜撃拳

・虹色太極拳
以前は1発当てるだけでかなり浮かせるため台風時に使えるかなーって程度だったが単純に烈虹拳強化版となって帰ってきたため普通に有用に。コ レにより美鈴のスペカで死にスペカは0に。コレはある意味すげぇこと。

全般的にスキカは基本系は弱体化、変化系は強化、スペカは死に系が上方修正。ただし素直で使いやすいキャラからクセのあるテクニカルキャラへ変化したため、今までのような感覚で扱うと思い通りに動かせずイライラすることに。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

セアル

Author:セアル
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
世界樹の迷宮IV
sq4_pt.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。