FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザナドゥ放浪記 エステル編 その1

VSは現在エステル編終了し、現在ティータ編で第4エリアへ突入。
全体的に近接へ持ち込まれると辛い上に、攻撃自体も単発が多いため中々進まず。更にHPとガード耐性値が低めなのも拍車をかけている。
Extraのサテライトキャノンも発動時は吸引が結構な範囲で働くのでまとめて殲滅という事もできなくはないが、いかんせん主砲発動までに時間が掛かるため見てからガード余裕でしたLv。
ただカノンインパルスがかなり強くSP消費が高いものの多段ヒット+ノックバック+DEF低下と主火力として十分。

今回の舞台となるザナドゥは同ゲームを元にしているらしいがやったことがないので不明。というかかなり古いゲームみたいだ。またドラゴンスレイヤーシリーズということもあり、ラスボスがドラゴンでそれを倒すためにドラゴンスレイヤーを手に入れるという所も同じ…と思う。やはりドラスレシリーズもやってないので。というか英雄伝説シリーズは空の軌跡シリーズしかやってないので他は知らんっす(ドラゴンスレイヤーは元々は英雄伝説シリーズではなくドラゴンスレイヤーシリーズなので厳密に言うと若干違うが)。

スタート時はエステルと謎の魔獣の1人と1匹で開始。
Kc390001 Kc390002
迷子の子猫捜索から国家間交渉支援まで何でもござれの遊撃士はとうとう魔王退治まで始めたようです。異世界に連れてこられたから目的が達成されるか戻る手段が判明しないとどうしようもないがえらくまぁあっさり引き受けたものだ。彼女の性格所以か。
Kc390003 Kc390004 Kc390005 Kc390006
まぁ確かに1人じゃどうしようもない。…なにやら含みがあるようだがとりあえず進行。

Kc390008 Kc390009 Kc390010
最初のポイントである魔粧の森へ到達。そして早速
Kc390013 Kc390014
エステルと同じく異世界の戦士と遭遇。だが…
Kc390015 Kc390016 Kc390017 Kc390018 Kc390019
魔王の手下となって襲撃してくる。流石にむざむざやられるわけにもいかないので応戦。
Kc390020 Kc390021 Kc390022
相手を倒すと同時に変化した風景も元に戻る。
Kc390023 Kc390024 Kc390025
本来はザナドゥを支配する魔王を倒すために召喚された戦士のはずが逆に魔王の手下となって襲ってきてるからそりゃわけわからんだろう。
Kc390029 Kc390030 Kc390031 Kc390032
ここからは長くなるので
・魔王を倒すべき戦士を召喚する「理」(ことわり)という力がある
・そこに目を付けた魔王はそれを逆に利用し手下として戦士を召喚
・結果としてエステル以外の異世界の戦士が魔王の手下となった
余談だが「理」を理解するときのセリフはキャラによって若干変化します。エステルだと決まり事、ティータだとアルゴリズムという感じ。
Kc390040
ま、そりゃ嘆きたくなるわな。
Kc390041 Kc390042 Kc390044 Kc390045
対抗策として逆召喚された戦士を戦闘不能にして術を施し引き抜く勝機に戻す。…なーんかどっかでか見たパターンだな。
Kc390047 Kc390049 Kc390050
Kc390051 Kc390052 Kc390053
とりあえずコレでソロという事はなくなった。…が、バトルは以後エステル一人でやっていく。意味あんのかなー?突っ込んだら負けか。
Kc390056
…って今頃かい!?

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

セアル

Author:セアル
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
世界樹の迷宮IV
sq4_pt.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。