FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過激派活動が影響しなけりゃいいが…

はじめに、今回のエントリ内容、取り扱うかどうか悩みました。今回はそのつもりで。

ニコニコ動画での東方系でどうも不穏な動きがあったので調べてみたら何故か田代まさしの名前がちらほらと。先日覚醒剤所持で再度逮捕されたのだがそれどどういう関係が?しかもやたらとネガティブなものばかり。ニコニコ大百科をたどってたどりついた動画を見て絶句…
【東方田代まさし\射命丸/】 ウルトラ☆テング 【高画質・高音質】
今回の動画はニコニコ大百科の「犯行のプロ」と「「射命丸文」について語るスレの331-」を読んでから、見るかどうか判断した方がいいかも。とりあえず歌詞が洒落になってないとだけ言っておく。
先日のさくらんぼ小学校銘々騒動で同人サークルが騒動の渦中になったばかりなのに、また同人サークルが今度は騒動を引き起こす結果になるとは…。来月11日の紅楼夢にも参加するので下手な騒動にならなきゃいいんだが…。というのもこのCDを出したサークルも参加予定。なのでキチガイ正義感な突撃や便乗悪ノリ連中が暴れたりという可能性も考えられ、そのあたりを心配していたりする。
過去この手の騒動などで会場使用禁止という即売会もあったと聞いたことがあるので。心配しすぎでは?と思うかもしれないが、一度大規模即売会の雰囲気を体感している以上どうにも、ねぇ…。実は数年前にコミケで騒動が実際にあった。
通称コミケ襲撃事件というのがあり、詳細は「アキバハラ解放デモ」と「6・30アキハバラ解放デモ主催によるコミケテロ まとめ」を見てもらった方がいい。でないとこれだけでえらいページになるので。冗談のような話が実際あったわけで、これをみればあながち心配も杞憂とは言い切れないんだよなぁ。まぁそもそもコミケ自体は爆破予告だの騒動はいつものことなんですけどね…。

今回の件、オレとしてはあまりとやかくは言うつもりはない。 そもそもこんなどローカルなブログで色々訴えたところでどうにでもなるものでもなし。ただ射命丸文属性の人にとっちゃ風評被害以外の何者でもなく、今までの蔑称というLvじゃ済まない事件なんだよなぁ。beatmaniaIIDXで有名なtatshも今年6月あたりから金儲けPだの同人ゴロだの中傷コメがキチガイみたいにやりまくってたやつがいるしプロが同人世界で活動すると大小問わずトラブルが発生しやすいのかねぇ。
今は下手に動くより静観すべきか。そいや神主は射命丸文がお気に入りとか聞いたことあったがどう考えているのかね?今のところ公式ブログには何もないが…というか書けないか。

そういえばアイドルマスター2の騒動(9・18事件)もあったみたいだが、アイドルマスターをやってない身としてはあまり関係なかったりする。男性アイドル導入はおそらく女性層も視野に入れてのことなんだろうが…既存層を切り捨ててでも導入するほど客層増加が見込めるかというと疑問を持たざる得ない。元々男性向けであるものを無理に女性向けにしたところでアンバランスになり崩壊の一途をたどる気がする。そもそも相反する要素を入れるというのは成功しないイメージが。
過去にときメモでセガサターン版が発売されたとき、自分から告白できるという要素がおもっくそ叩かれたという事例があったのを思い出した。あのゲームは最終目標が女の子から告白されるというものなのだが、それを真っ向から否定する要素いれればそりゃねぇ…。2以降は全くやってないので以後どうなってるかは知らないが。

ゲーム制作も大小の差はあれども金が絡むためマーケティングを念入りの実施しそこから需要を読み取り、企画立案をしていくと思うのだが…いったいどうしてこうなった。最もセガみたいに作成者のアイディアを元に作成するというケースもあるがアレは稀なケースだ。
制作費に関して機材は各企業ごとに異なるが、人月計算はある程度は極端には変わらないはず。単純な計算として…
1人月=600,000(厚生年金や福利など含む1人あたりにかかる諸経費込み)*月*人数
当然バグ修正ができなかったりクリティカルエラー発生などで開発期間が延びればその分制作費が上積みされる。だからぱっと出のアイディアではなく、マーケティング、流行、ゲームプレイ層の嗜好など様々な要因から確実に売れるゲームを作ってかなきゃならんわけで。
流れとして…マーケティング調査>企画書作成>会議>(受理)>チーム発足>制作(平行しtて広報活動)>デバッグ>マスターアップ>発売
一般的なソフトウェア会社同様こういった手順を踏む。単純にアイディアを出して制作というのは同人ぐらい。だからこそ既存ゲームにないものが誕生するわけだが。

個人的には男性アイドルの登場も当然問題だと思っているが、自分でプロデュースできない(≒リストラ組)キャラがいるという問題の比重もかなり高いと考えている。
過去続編が出るときにおいてリストラされる要素ってのは少なからずあり、それはゲームのジャンル問わすどうしても発生するもの。そこで選択を誤ると叩きや批判の元に。クイズマジックアカデミー7でも謎のリストラがあり、人気キャラだと思われるルキアとアロエが削除されてたし、beatmaniaIIDXでもBeforU楽曲が大幅な削除があったりとKONAMIクオリティ謎が多い。舞台がが変わるなど納得のいく理由があるのであれば話は別なんだけどね。

あーなんか書いてて支離滅裂になってきたな…。とりあえず紅楼夢のめーりん合同誌「本日も異常なし!」が楽しみになってきたぜ。最も明日は零の軌跡やるだろうがなー。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

セアル

Author:セアル
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
世界樹の迷宮IV
sq4_pt.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。