FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本と種族の差がデカすぎる

欠勤が許されない状況なのでインフルエンザワクチンを接種したら、左腕が赤く腫れて若干しびれ気味でだる気がでて本末転倒な気がするが…まぁキニシナイでおこう。
mabinogiのエントリだが今回の内容は主にジャイアントで今更なG12S2。

G12S2でのスキル仕様変更やランク解放はジャイアントのスキルも影響があり、特に投擲の仕様変更以前とは全く別物に変更。
変更前はスキルランクごとに設定された固定ダメージ(R6で5-44でしかも照準95%どまり)+アトラートル性能+STR(正確な数式は不明)+ジャベリンの攻撃力だったが、変更後は(アトラートル性能+STR補正(正確な数式は不明だがSTR/5という説あり)+ジャベリン)*スキルランクごとに設定された%(R1で900%)(多分コレであってるはず)。そのためトーナメントジャベリン(+300)を使えばスピアオブライトとまでは行かないが通常スキルの中では最高峰の部類を叩き出すことが可能。
確かにダメージは大幅に増加し威力だけなら簡易MSと言えなくはないが、問題は準備時間及びクールタイム。準備時間の2秒は最終的な威力を考慮してまだ妥協できる、しかしクールタイムの25秒が痛すぎる。トレ内容自体は弱体化装備さえあれば回数がさほど多くないが、このクールタイムの存在が故に一向に進まず。また準備完了後すぐに投げられるのはいいのだが、対象が少しでも動いているとかなりの確率で外すため、混戦中にはその準備時間なども相まって使い勝手は悪いと言わざる得ない。またバランス80を達成しても何故かダメージのばらつきが大きい。もしかしてアトラートルに完全依存?
RFからR1にするまでの所要時間がデッドリーなどの要素を省いて25秒+準備時間の2秒の27秒で時間ごとにきっちりトレポイント入ったとして最短で85509秒=約1426分=約24時間。実際はデッドリーや索敵などもあるため更に30分~1時間ぐらい上乗せになると思われる。現在R4だが、それでも74277秒=約1238分=約21時間。単純にトレ時間だけ見れば極端に長いというわけでもないのだが、クールタイムの25秒がネックでこれでトレのテンポと気力を著しく低下させている。APから考えればダメージ効率はすさまじいが…。
幼たぬ+害小手を使えばティルコの灰色オオカミでAwful、白オオカミでBossなのでランク問題は解決するが、問題は幼たぬが無いこと。一時期ぺーすさんに借りてはいたが、入り用になったため返却。

ちなみにこのトレにはさすがに負けるがウインドブレイカー(以下WB)もなかなかに厄介なトレ。クールタイムが180秒…つまり3分。をい。しかもR8からは遠距離攻撃を食らうトレが、R5からは魔法を食らうトレが追加。当然近接攻撃を食らうトレ倍率は下がり、WBの魔法への耐性はほとんど無い。幸いRBから発動中に近接攻撃があるのでまだマシになるが、R4からはこれだけではアップできない。何このマゾさ。
そして栄えあるR1になってもさっぱりな性能。中級魔法並に消費するAP(R1に470)、マスタータイトルは防御+7と保護+5と堅くなるがStrとDex-20。PT盾になろうと思っても必要となりそうなペッカでは当然耐えられないし、盾必須スキルにもかかわらず装備中の盾ボーナスが適用されない(防御だけみればR6までは使用しない方が却って高い)、使用中はアタック、ミル、タウント以外の行動が一切不可(当然POTも飲めない)、熟練度が上昇するのは盾だけ、魔法にはほぼ無防備、他スキル使用及び準備中はトレが進まない、鯖状態によってはこっちが殴れないのに一方的に攻撃を食らうetc。せめてダメージ軽減効果が計算の頭に来ればまだよかったのだが…。更に被ダメを1に押さえられない場合は使わない方が却ってマシという状況も。あれ?生命のエリクサー飲んで耐えた方がいいんじゃ?
タウントのCP上限(魅惑的な演奏と同じ)やストンプの微妙さ、FHやFSに相当する攻撃スキルがない、将来的には弓にもマスタリがあるのにナックルには無い上にスマッシュ時の両手武器追加ボーナスがない等でぶ猫はジャイに恨みがあるのかと小一時間(ry。当初のジャイ1人にエルフ3人いないと勝てないという設定はどこへ行った。

ただデメリットの塊というわけではなくきちんとメリットはある。一打スマ(ただしWindowsのMTU値をいじる必要がある上に鯖状況によっては…)、GFS無双、盾無し突進(ただしアトラートル装備時は不可)、スマッシュの準備時間の短さ(人間2秒に対して1.6、一方エルフのMSは人間2に対して0.5だが照準考えれば仕方ないか)、基本的な近接戦闘スキル(アタック、スマッシュ、ディフェンス、ウィンドミル、カウンターアタック)のトレの容易さ(ただしクリティカルは対象外)、アタックとカウンターアタックとディフェンスの効力が高い、両手剣と盾が併用可能(そのため人間の両手剣と共用が可能)

以上の点を踏まえ戦闘に必要な基本スキルのトレは容易、両手剣と盾での安定性、更に野獣化時のGFSの強さも相まって早熟型という事を考えれば言うほど冷遇というわけではない。累積1kあればほぼ網羅できるのでむしろ優遇といってもいい(特に基本近接のトレの容易さと近接スキルのエルフとの比較)。更にG13で追加されたダウンアタックと分身術で立ち回りの幅も広がる。ただ最終的な伸びしろが少ないという問題も抱えてはいるが。
投擲、WB、ストンプ、タウントはステータス増加さえ無視すればぶっちゃげ無くても問題なかったりする(逆に言えばそれだけ微妙スキ…げふんげふん)。ただそうするとジャイの特性って何?という話にもなってくる。
投擲はボルト魔法では届かない位置にいるMobを釣る時に便利だし何より最終的には威力が化け、ダメージ当たりのAP効率がすさまじく高い(AP157で900%)。
ストンプはカウンター崩しやマスタータイトルが一発熊を越えるステキ仕様。一応パルーでの対スノーゾンビでは安定して処理できるがそもそもパルー自体殆ど行かないという現実。また以前は焚き火などの遮蔽物を貫通してダメージが通ったが今はどうなんだろう?
タウントはPTでの中級魔法を有効活用するためにMobをかき集める(のだが今じゃ魅惑的な演奏に出番を取られ更にあちらはスキル発動中は移動可能なわけで…)。
WBは…うーん…影の硫黄クモぐらい?(それでもハードは耐えきれず死ぬが)
全体的に使い所がピンポイント過ぎなだけという気がする。

一方エルフは大器晩成というべきか?エルフはさほど力を入れてるわけではないので詳しくは分からんが。そもそもギルメンに廃スペックなエルフのアミンサさんがいる、そして何より4人も育てる気力ねぇYO!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

セアル

Author:セアル
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
世界樹の迷宮IV
sq4_pt.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。